? 一般社団法人 鯖江市医師会

一般社団法人 鯖江市医師会

鯖江市医師会館

        さばえしいしかい
一般社団法人鯖江市医師会
 Sabae medical association
〒916-0056
さばえし すみよしちょう3ちょうめ
鯖江市住吉町3丁目8-18
Sabae_shi Sumiyoshi_cho 3-8-18
TEL:0778-51-0227(代表)
FAX:0778-51-0255

医師会長の挨拶

 令和の歴史が始まる節目の時に、鯖江市医師会の会長を引き継ぐ事となりました。 鯖江市医師会は現会員数98名で、鯖江市民のみならず福井県下の住民の皆様にも、 医療と福祉を提供させていただいております。
 中でも、全県下広域化した小児の定期予防接種に次いで、この4月からは、 65歳以上を対象とした定期予防接種であるインフルエンザや肺炎球菌につきましても 同様に広域化し、住民の利便性に配慮しつつこれを実践しております。また、特定健診や、 がん検診にも深く関与しており、今、切実な課題とされている若い世代へのがん教育や、 特に受動喫煙(肺がん)、ピロリ菌(胃がん)では若年者の早い時期からの除菌問題など、 がんの一次予防に関しても、地元医師会から情報発信をしていく所存でございます。
 今、世の中は2025年問題の最終段階に入っております。人口が減りしかし高齢の方の 罹患が増えるなか、医療供給のバランスを保ちつつ、若年者はもとより高齢者の方への、 医療・介護・福祉に関わる事業を、行政と共に如何に乗り切るかが最大の課題です。
 我々は、鯖江市医師会で培われた「和を以て貴しと為す」を合い言葉に、 地域医療に貢献し、皆様の要望にお答え出来るような組織づくりをしていきたいと思います。 皆々様の温かいご支援やご助言を何卒よろしくお願い申し上げます。
   
  令和元年 5月26日  第27代鯖江市医師会会長 広瀬 真紀

定款

組織図

公告「貸借対照表」 令和2年3月31日現在

貸借対照表

個人情報保護

沿革

年 表出 来 事
1721年
[享保6年]
間部詮言(2代目)により鯖江藩始まる
1803年
[享和3年]
西島俊庵、江戸遊学。杉田玄白・大槻玄沢に師事し洋医学学ぶ
1808年
[文化5年]
同氏、鯖江に蘭法外科医開業(越前洋方外科の始め)
1850年
[嘉永3年]
土屋得所 笠原良策より牛痘苗の分苗を受け、領内に普及を着手
1879年
[明治12年]
南条・今立の開業医「南条郡武生開業医協愛社」結成。
同年南条・今立療疫医院開設
1887年
[明治20年]
今立郡医師組合設置この年から無組織時代との決別。
第1代医師会長 土屋寛之先生
1890年
[明治23年]
第一回福井県医学会開催
1899年
[明治32年]
産婆看護婦講習所が創設される(鯖江准看護学院の前身)
1954年
[昭和29年]
准看護婦養成所(鯖江准看護学院)が福井県の指定校に認可される
1975年
[昭和50年]
鯖江市休日診療実施
1978年4月
[昭和53年]
今立町・池田町で休日当番制実施
1979年4月
[昭和54年]
松田昌二[まさに]15代会長、広報担当:伊与暁洋により
鯖江市医師会だより発刊
1988年4月24日
[昭和63年]
鯖江市医師会創立百周年記念祝賀会開催
1995年10月
[平成7年]
世界体操競技選手権鯖江大会開催(10月1日~10月10日)
医療、ド-ピング検査などに参加
2000年12月15日
[平成12年]
第一回鯖江市医師会市民公開講座開催
2003年5月27日
[平成15年]
IT委員会の設立:鯖江市医師会内のネットワークを構築、会員向け情報のデジタル配布、医師会内記録のデジタル保存、文書をPDF化。7月からFAXとE-Mail併用による会員内情報配布を開始。(このことが後の福井豪雨で大きく役に立つ事となる)
2003年10月
[平成15年]
鯖江市医師会だより”のPDFによる配信の開始
2004年1月
[平成16年]
会員向け情報のメーリングリストによる配布の開始
2004年4月
[平成15年]
ケアプラン評価判定会開催
2004年6月
[平成15年]
鯖江市医師連盟設立
2004年7月18日
[平成16年]
[福井豪雨災害] 鯖江市では特に河和田地区の被害が大きく、鯖江市医師会では急遽災害救護班を設置し医療援助を実施。今立町では県医師会と武生市医師会による救護斑が医療援助を実施した。
>>>福井豪雨災害での鯖江市医師会の活動
2004年8月
[平成16年]
福井豪雨被害への義捐金を鯖江市・池田町へ寄付
2005年7月3日
[平成17年]
ACLS委員会主催:医師向けAED講義と実習
“第一回鯖江市医師会救急医療講座”
2006年4月22日
[平成18年]
鯖江准看護学院の平成21年3月での廃院が決議
2006年11月12日
[平成18年]
ACLS委員会主催:医療機関職員向けAED講義と実習
“第二回鯖江市医師会救急医療講座”
2007年4月5日
[平成19年]
鯖江市医師会准看護学院での最後の入学式

鯖江市准看護学院

ホームページについて

 当ホ-ムページは、地域の医療機関情報の提供を目的としています。 その趣旨に添うリンクは基本的にフリーといたします。 ただし、公序良俗に反するホームページからのリンクはお断りいたします。
 当ホームページでは、個人情報を収集することはありません。 アクセスログから閲覧回数の多い情報に関しては、今後の改善の参考にしています。
 当ホームページ上で使用されているCSS,CGI,JAVA,FLASH等の著作権はその原著作者に帰属します。 写真や映像の著作権及び肖像権は、撮影者・本人・制作者又は当医師会に帰属します。 文章の著作権に関しては、サインのある物はその著者に帰属しますが、 それ以外の文章は公共的な物であり基本的にフリーです。
 当ホームページの内容は、個人的かつ非営利的な使用を目的とする場合に限り、 複製、使用、ダウンロードができますが、使用に際して発生した損害については、 いかなる場合においても一切の責任を負いません。
 
 鯖江市医師会IT委員会


© sabae medical association